ホーム

百名山チャレンジ

これは2001年、三人の若い男達により行われた旅のウェブページです。2月の上旬に日本へ出発し予定していた100のうち98の山に登頂、日本の南から北まで6986 Kmを踏破しました。

旅が終了した今、このページが百名山や日本での登山、ハイキング、旅行などの情報を探している人々の役に立てるかもしれないと思いこのウェブページの旅のセクション日記を維持したいと思います。また、このページを通じもっと沢山の地雷の撤去を可能にするためみなさんが支援してくれるよう働きかけたいと思います。

この旅を通じて集めた募金でもうすぐ撤去される地雷の場所を後に掲載します。

この旅を世界中の多くの人々と分かち合える経験はとても素晴らしい物となっています。皆さんもこの旅の経過を見守り僕たちと分かち合うことを楽しんでくれていたらとてもうれしいです。もしくは今初めてこのページを発見した人がいたらこれから楽しんで下さい。

 

旅のビデオ

これはアンディー・デイビス(ベンの弟)がチームが旅の間シャープのデジタルビデオカメラ(スポンサーのページを見てください)を使って旅の様子を撮影したものを編集した短い映像です。プレイヤーを稼動するために三角の再生ボタンを押して下さい。サウンドトラックをはっきりと聞こえるようにコンピューターの音量を上げる必要があるかもしれません。

今の映像より後日の旅の様子の映像も皆さんに届けることができたらいいなと思います。

映像を見るにはリアルプレイヤーが必要です。もしお持ちでない方は右のリンクをクリックしてダウンロードして下さい。

 

難民を助ける会

2001年8月、地雷撲滅のために募金を集めている日本の”難民を助ける会”という活動団体に出会いました。この団体は地雷撲滅のための募金を集める活動を行なっています。彼らが集めた募金は、The HALO Trust (ヘイロ・トラスト)により運営されているアフガニスタンでの地雷撤去活動に使われます。彼らは地雷撤去キャンペーン絵本『地雷ではなく花をください』と"No more Land mines"というCDの収益を地雷撤去活動にあてています。

難民を救う会の活動に興味をお持ちの方はウェブページをご覧ください。www.aarjapan.gr.jp

難民を助ける会の地雷撲滅運動の話を聞いた後、9月以降に日本での旅を通じて集めた募金はすべて難民を助ける会の活動にあててもらうことに決めました。その理由は以下の通りです。

  • 難民を救う会は、イギリス、アメリカをベースとするAdopt-A-Minefield™(アドプト・ア・マインフィールド)に比べ、日本の人々によく知られているのでより多くの支援が得られるため。
  • 難民を救う会のスタッフの方たちが日本縦断の旅について報道機関に連絡することが可能なため。これによりより多くの募金を集め地雷撲滅について多くの人々に知ってもらうことができるでしょう。

2001年9月以前に日本で集められた募金については、ご承知の通りAdopt-A-Minefield™(アドプト・ア・マインフィールド)を通じ地雷撤去活動に使われます。イギリスや日本国外で募金された基金は、これまで通りAdopt-A-Minefield™(アドプト・ア・マインフィールド)を通じ地雷撤去活動に使われます。